★アジアンずいま〜速報★

2chのアジアンでズイマ〜な情報をまとめました。


    2014年01月

    1:2013/12/31(火) 06:41:27.65 ID:
     政府が、国の機密漏えいに厳罰を科す特定秘密保護法をめぐり、サイバー攻撃を受けて「特定秘密」が外部に流出した場合、
    府省庁の情報管理担当の職員は処罰対象になり得るとの見解をまとめていたことが30日、内部資料で分かった。
    職員個人に過重な過失責任を負わせる解釈といえ、年明けの1月から始まる法律の運用基準の策定作業で議論となりそうだ。

     現行の国家公務員法の守秘義務違反には過失責任の規定はないが、特定秘密保護法では過失でも情報を漏らした者は
    2年以下の禁錮または50万円以下の罰金が科される。

    http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/article/60968

    【【特定秘密保護法】 サイバー攻撃を受けて流出も処罰 職員に過失責任】の続きを読む

    1:2013/12/31(火) 20:01:04.32 ID:
     
    韓国の伝統的な料理の一つで、韓国料理には欠かせない「キムチ」。
    その日本向けの輸出量が減っているようだ。

    韓国産キムチは世界52か国に輸出しているが、このうち
    日本向けの輸出はじつに80%にものぼる。韓国にとって、
    日本はいわば「生命線」ともいえるはずなのだが…。

    韓国メディアによると、韓国の関税庁は1~5月の国産キムチの日本向けの輸出額が
    2981万6000ドル(約29.9億円)となり、前年同期に比べて19.2%減少したことを明らかにしている。

    キムチの対日輸出額がこの期間に減少したのは、関税庁の公式集計が始まった2007年以来初めてだそうだ。

    日本へのキムチの輸出量はこれまで、2007年に2652万ドル(約26.6億円)、
    10年に3415万ドル(34.2億円)、12年には3691万ドルと継続して上昇し続けてきた。
    そこに急ブレーキがかかったのは、竹島問題をきっかけとした日韓関係が冷え込みと、
    「アベノミクス」による円安進行による韓国産キムチの価格上昇が影響しているとみられる。

    減少傾向は日本の統計からも推測できる。日本での韓国産キムチの輸入量は、
    東京税関によると、2013年1~10月に数量ベースで前年同月比9.7%減の1万5889トン、
    金額ベースでは5.9%減の53億5600万円だった。東京税関は「キムチ以外の品目が多少含まれていますが、
    韓国産であれば、ほぼこの数量になります」という。

    これに代わって、勢力を伸ばしていると思われるのが中国産キムチ。一般的には、
    「キムチ」といえば韓国だが、最近は「韓国産キムチ」と思ってスーパーで買った商品が
    中国産であることも少なくないようだ。

    つづきます
    http://news.infoseek.co.jp/article/20131231jcast20132192232

    【韓国産キムチ⇒中国衛生基準ですべてアウト。日本(民主政権)は3年の衛生検査免除期間中】の続きを読む

    このページのトップヘ