★アジアンずいま〜速報★

2chのアジアンでズイマ〜な情報をまとめました。


    2014年01月

    1:2014/01/30(木) 08:07:29.78 ID:

    ◆河川の40%、地下水の90%が汚染=大気汚染と同様に深刻な水資源汚染―中国

    2014年1月24日、香港の英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは国際公衆衛生コンサルタントの
    セザール・シュララ博士による「汚染は中国の水資源問題の核心」と題した記事を掲載し、中国の
    汚染問題は現在注目を集めている大気汚染だけではなく、水資源汚染も極めて深刻だと指摘した。
    27日付で参考消息(電子版)が伝えた。

    中国水利部の胡四一(フー・スーイー)副部長によると、11年に中国の河川のうち
    深刻な汚染を受けている割合は40%にも上り、750億トンもの汚水や廃水が
    直接河川に放流されている。
    また、約3分の2の都市が水不足問題を抱えており、農村部の住民約3億人が
    安全性に問題のある飲用水を利用している。

    さらに、400万ヘクタール以上の農地が汚染水によって灌漑(かんがい)されており、
    農作物の収穫量や品質、安全性に悪影響を与えている。

    水資汚染問題の原因の一つに急速な工業化が挙げられる。
    長江沿岸や飲用水の水源地付近に大量の化学工場が建設されたことにより、
    水資源が工場から漏れだしたカドミウムやクロムなどの有毒な化学物質の汚染を受けている。
    中国地質調査局が13年に作成したレポートによると、中国の地下水の90%が汚染されている。

    また、水問題は中国国内だけでなく、国外へも影響を及ぼしている。
    中国にはエルティシ川やメコン川、ブラマプトラ川など、中国国内に水源を持ち、
    国外を通過している河川が多数ある。
    中国がこうした河川の上流に水力発電のための大規模なダムを建設し、
    下流に深刻な影響を与える可能性があるとして、各国から抗議を受けている。

    写真:24日、中国の汚染問題は現在注目を集めている大気汚染だけではなく、
    水資源汚染も極めて深刻だ。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140130-00000005-rcdc-cn.view-000

    Record China 2014年1月30日(木)5時20分
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140130-00000005-rcdc-cn

    【【中国】河川の40%、地下水の90%が汚染…大気汚染と同様に極めて深刻な水資源汚染[01/30]】の続きを読む

    1:2014/01/30(木) 17:46:29.43 ID:

    韓国紙・朝鮮日報の中国語版ウェブサイトは28日、
    朴槿惠大統領が世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に合わせて開かれた
    「コリア・ナイト」に出席した際に持っていた「紫色のヘビ革クランチバッグ」について、
    韓国の中小企業のデザイナーと町の職人による作品であることを大統領側がひた隠しにしていると非難した。

    記事によると、朴大統領が「コリア・ナイト」で持っていた紫色のクランチバッグは、
    韓国の中小バッグメーカーに勤務するデザイナーがデザインし、
    聖水洞の小さな皮革店の職人が仕上げたもの。
    価格は70万ウォン(約6万7000円)前後になるとみられる。
    だが、なぜか口外することが禁じられ、名前などが報じられることは一切ない。

    オバマ米大統領のミシェル夫人は堂々と御用達ブランドが
    「J.Crew」や「GAP」などお手頃価格のものであることを公言し、米アパレル業界を活気づかせた。
    ドイツのメルケル首相も下着姿でキャンペーンに参加するなど、朴大統領とは違い、
    積極的に国内消費を刺激しようとしている。

    記事は、「朴大統領のバッグを作ったとなればよい宣伝になり、こうした中小企業を救うことになる。
    国内消費を活気づかせることにもなるのに、なぜわざわざ『機密』扱いにするのか」
    と疑問を呈している。 (編集翻訳 小豆沢紀子)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140130-00000003-xinhua-cn

    【【朝鮮日報】朴大統領はなぜダボス会議で持っていたバッグが「韓国製」であることをひた隠しにするのか?[01/30]】の続きを読む

    1:2014/01/30(木) 12:32:45.19 ID:
    NHKの籾井勝人(もみい・かつと)会長が、就任会見で慰安婦問題に触れたことについて、中国・韓国による言われなき暴挙に対抗している
    「『慰安婦の真実』国民運動」(加瀬英明代表)は30日にも、「籾井会長の発言は間違っていない」「責任を追及される筋合いはない」
    という公開書簡を、NHK経営委員に提出する。

    書簡では、籾井氏の「戦時慰安婦はどこの国にもあった」「今のモラルでは悪いことだが、その時の現実としてあった」
    「この問題は日韓基本条約で解決済み」といった発言を、「間違っていない」と断言。

    一方で、慰安婦問題を就任会見の場に持ち込み、執拗に質問した一部メディアを批判し、
    「NHK経営委員会として抗議すべきだ」と促し、ネット調査で、約8割が籾井発言を支持していることを披露している。

    そのうえで、「発言の真偽を問題にせず、『立場上、不適切だった』と責任を追及する。結局は『韓国や中国が怒るから』とタブーにしようとしている。
    そのような態度が、どれほど日本の名誉を損ねてきたか」といい、NHKの再生を期待している。
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140130/dms1401301207018-n1.htm

    【【NHK会長慰安婦発言】 8割が発言を支持・・・ネット調査】の続きを読む

    1:2014/01/30(木) 18:12:27.82 ID:

    ★【「靖国」後(上)後半】ぶれる米の対韓認識で日韓関係悪化「まるでアマチュアだ」
    2014.1.3012:46

    今月8日から10日まで、日米議員連盟の日本側訪米団(団長・中曽根弘文元外相)が米ワシントンを訪れ、
    20人以上の米政府高官や元高官、上下両院議員らと意見を交わした。狙いの一つは、安倍晋三首相の靖国
    神社参拝の意義と真意を伝え、米側の理解を得ることだった。

    同行筋によると、ラッセル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は首相の靖国参拝と東アジアの地域情勢に
    ついて、こう率直に胸の内を明かした。

    「われわれは、まず中国が『日本は軍国主義化している』というまやかしを宣伝することを防がなければならない」

    あくまでアジア地域の脅威は中国であり、日米が足並みをそろえて対中政策を進める必要があるという主張だ。
    これには中曽根氏も深くうなずいた。

    ただ、ラッセル氏の口調は、日韓関係の悪化のくだりにさしかかると、途端に厳しくなった。
    「首相の靖国参拝は一時的だが、アジアでの日本の影響力に損害を与えた」
    ラッセル氏は「米側に怒りはない」と強調しながらも「中国に付けいる隙を与え、日韓関係の改善が遅れた」
    と嘆いてみせた。
    >>2-3へ続く

    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140130/plc14013012530009-n1.htm

    【「日本と韓国は戦争をしていないのに…」韓国のロビー活動が浸透 オバマ外交は「まるでアマチュア」 嘆く外務省】の続きを読む

    1:2014/01/30(木) 13:10:03.32 ID:

    ケネディ駐日米大使は30日昼、古屋圭司拉致問題担当相(国家公安委員長)と警察庁内で会い、
    北朝鮮による日本人拉致について「本当に悲劇だ。私もより多くのことを学んでいきたい」と語った。
     古屋氏は、拉致問題解決に向けた米国の協力に期待を表明。同日午後に拉致被害者家族会のメンバーと
    面会予定のケネディ氏に、被害者救出運動のシンボルである青いリボンをかたどったバッジを
    「これを胸に着けてお会い下さい」と手渡した。 

    時事通信 1月30日(木)13時4分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140130-00000076-jij-pol

    【【日米】ケネディ大使「拉致問題は悲劇」】の続きを読む

    1:2014/01/30(木) 07:27:39.00 ID:

     1月下旬、松田聖子(51才)は、アメリカ・ロサンゼルスの超高級ホテルにいた。
    その傍らには、夫である慶応大学病院の准教授で歯科医師のA氏(50才)と、
    元マネジャーのB氏(40才)がいた。

     聖子が、A氏と電撃結婚したのは、2012年6月のこと。神田正輝(63才)、
    6才年下の歯科医師に続く、3度目の結婚だった。しかし、結婚後も、
    聖子の側には常に夫以外の男性がいた。それが、2004年から交際を
    続けてきたといわれるマネジャーのB氏だ。

     2012年の結婚後、夫がいながら、元カレをマネジャーにするという生活が
    しばらく続いたが、2013年末に聖子はB氏を解雇。ようやく夫婦水入らずの
    生活が始まったばかりだった。

     そんな矢先の1月下旬、成田空港に聖子がひとりの男性を連れ立って現れた。
    これがB氏だった。渡米後、B氏とともに冒頭のホテルに滞在した聖子だが、
    ここからさらに、予期せぬ出来事が起こる。聖子がロス入りした翌日、今度は
    夫のA氏がロスに駆けつけ、ホテルにいる聖子たちと合流したのである。
    >>2
    以降に続きます)

    ソース:NEWSポストセブン
    http://www.news-postseven.com/archives/20140130_238990.html

    【【芸能】松田聖子 現夫、元恋人兼マネジャーと三人で米国旅行へ】の続きを読む

    1:2014/01/30(木) 14:16:53.00 ID:

     妻・綾菜さんによる“代筆疑惑”がかねてささやかれている加藤茶のブログ。
    28日にブログ上で起こったちょっとした“珍現象”により、その疑惑に拍車がかかっている。

     28日、「嫁のブログに自分から電話がこなくて寂しいと書いてあった」と
    ブログを更新。しかし、妻・綾菜さんのブログでそういった旨のエントリーが
    公開されたのは加藤の更新から約20分後。

     事が起きたのは28日午後10時19分。綾菜さんは「加トちゃんの電話待ってます…
    まだかな~ 寂しいなぁ~」とブログを更新した。しかし、その約20分前、午後9時58分に
    加藤はすでに、「ふと嫁さんのブログをみたら オイラから電話が来なくて寂しいって
    書いてあったから今から急いで電話します。(笑)」とブログにつづっていた。この“逆転”に、
    ブログ読者たちは首をひねっている、というわけだ。

     加藤は70歳とは思えないほどこまめにブログを更新し、文体も若々しいことから、
    前々から「ラブラブぶりを自作自演しているのではないか」と妻の代筆説がまことしやかに
    ささやかれていた。今回の珍事に対しても「噂は本当だったのか」という声が上がってしまっている。

     加藤の45歳年下ということで、なにかと色眼鏡で見られがちな綾菜さん。
    もし逆転現象がサーバーのトラブルかなにかで起こったものだったとしたら、
    加藤が早めに説明して“火消し”をするのが優しさかもしれない。

    ソース:RBB TODAY
    http://www.rbbtoday.com/article/2014/01/30/116381.html
    加藤茶オフィシャルブログ
    http://ameblo.jp/katochanpe-blog/entry-11759961101.html
    加藤綾菜ブログ
    http://blog.p-e.co.jp/?eid=99

    【【芸能】加藤茶、ブログは妻の代筆? 更新逆転の珍現象で疑惑に拍車】の続きを読む

    1:2014/01/30(木) 11:34:23.99 ID:

     モデルでタレントの神戸蘭子が、クレジットカードの
    不正利用被害に遭っていたことがわかった。

     「悲しい事。」と題した29日付のブログで報告。
    昨年末から調査を進め、ようやく不正利用と認められたという。
    4回被害に遭い、全てオンライン利用によるもの。

     神戸は「手口は、悪い人が当てずっぽうでのカード番号を入力したのに
    当てはまったみたい」と明かし、「ちゃんと確認してたから気付けたけど、
    気付かないくらいの少ない金額でやられる事も増えてるみたいっ
    皆さんも気をつけて下さいねっ!!」と呼びかけている。(モデルプレス)

    ソース:モデルプレス
    http://mdpr.jp/news/detail/1323496


    神戸蘭子オフィシャルブログ - Ameba
    http://ameblo.jp/ran-ran-k/entry-11760585198.html

    【神戸蘭子、クレジットカードの不正利用被害発覚】の続きを読む

    1:2014/01/29(水) 23:59:20.62 ID:

    ★厚労省生活保護担当課長と議論する、「神戸のようなケースで法改正で何が改善されるか。今後何をすべきか」

    神戸市では、約3万4000世帯が、生活保護を受けています。これを、ケースワ-カーがチェックしている
    (ことになっている)のですが、データは、電子化されていても、「着眼点」を入れないと、不正の発見は困難です。
    実際、自治体が、支給の時点だけでなく、根雪になっている継続受給者も含めて全世帯を実効性ある観点から
    チェックしているのか、は大いに疑問です。だから神戸のような事件が毎月のように報道される。

    ようやく生活保護法改正案が昨年末成立し、1月1日から、ジェネリック医薬品利用を促すこと、家計管理などの
    努力義務規定は、施行されていますが、その他の大部分は、今年の7月1日施行です。

    まず、一般論として不正受給の罰則が強化され、不正受給と判明した額に40%の「課徴金」を上乗せして返還
    しなければならなくなりますので、「抑止力」は、増します。いずれにしても、今回の神戸ポルシェ事件には
    遡及適用はありませんが。

    この事件の不正要因の1つが「交通事故保険金」の収入を隠していたことなので、「第三者行為求償権」の創設も、
    今後の類似事案には一定の効果はあるでしょう。

    どういうことかと言うと、労災や国保等にはあったのですが、生活保護の医療扶助にはなかった、「事故にあうなど、
    第三者の行為によって医療を受ける自由が生じた場合、受給者が当該第三者に対して有する損害賠償請求権を取得する』
    規定が、今回の生活保護法改正には含まれているのです。
    >>2-3へ続く

    2014年01月27日 片山さつき
    http://satsuki-katayama.livedoor.biz/archives/8232985.html

    【【政治】片山さつき氏 「まじめに働くと馬鹿をみる」という不公平感を是正できるような生活保護改革が課題】の続きを読む

    このページのトップヘ